MENU

WEB完結を利用することで早くお金を受け取れる理由とは?

消費者金融でも有名なところや銀行のカードローンに申し込みするとなった場合でも最近では、WEB上でお申し込みを出来るところが増えてきています。WEB上ということで、お持ちのパソコンやスマホからそこの会社のカードローン等のホームページに行き、必須項目を埋めるだけでいいので、容易にお申し込みすることが可能です。その他に普段忙しくてなかなか店舗まで行く時間がない方であってもお申し込みが出来るといった点や面倒な書類を送ったりすることもないという点が、このWEB上で申し込むことの良い点と言えるでしょう。

 

さらには、お金を受け取れるまでの時間が短いということも良い点となっています。ただ、いくら早いとはいっても、審査が順調に進まないとなると、話は変わってきます。例えば最近では個人情報の保護の点から、勤務先が何も答えず、在籍確認が行なえなかったという話も珍しくはありません。早くお金を受け取るためには、この点について注意するべきだと言えるでしょう。

 

最短時間で借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

魅力的なWEB完結に悪い点は存在するのでしょうか?

キャッシングのお申し込み手段として、インターネットが用いられるところが増えていて、お金を受け取れるまでの時間が早くて済むということは、先ほどお話ししましたが、これがさらに”電話”での在籍確認や会社で求められる書類も含め全部をインターネットで済ますことが出来るところも存在します。

 

このシステムの良い点は家や勤務先に電話をかけてくるようなことがないことで、他の誰かに知られてしまうことが避けられることと言えます。それに加え、電話での在籍確認がなく、提出した書類のみで審査を行うことになるため、審査にかかる時間も非常に短くなるということも良い点となっています。ここで、審査に関してもう少し詳しく見ていくと、中小規模の消費者金融では、まずはWEB上で簡単に審査を行なった後に、もう1度今度は人の手によって、本人であることを確認するといったようなことが行われますので、2つの段階に分かれていることになります。それに対して、大規模な消費者金融では、審査もそれほど厳しくなく、WEB上で行なわれた審査結果を本番の審査の結果とするケースが増えてきているようです。

 

また、WEB上での審査といっても、ごく短い時間で終わらせることができ、本人であることを確認するという工程がなくなることで、お金を受け取るまでの時間が非常に短くなるのは自ずと分かるでしょう。ちなみに、このように全ての工程をWEB上で済ますことが可能なことを「WEB完結」とよく呼ばれます。WEB完結であれば、前述の通り審査にかかる時間も短いですので、早い場合だとお申し込みからわずか30分という時間で審査の結果が出て、合格ならば引き続きWEB上から借入のお申し込みが行なえます。

 

ここで、より早くお金を受け取るための方法をご紹介すると、WEB上でお申し込みをし、銀行に振り込んでもらうためには、月曜日から金曜日の午後3時までに借入のお申し込みをし、それが無理なら、自動契約機でキャッシングのカードを受け取り、そこで借入を行なうといった2つの方法があります。また、これらとは別にキャッシングのカードを自動契約機で受け取らないとなると、このカードが後日自宅に郵便で届くことになりますので、家の人に知られたくない場合は、多少注意が必要です。

 

こうして見てみるとWEB完結には欠点がなさそうに思えますが、1点だけ欠点があり、準備すべき書類が多くなることです。通常であれば、50万円を区切りに自動車運転免許証の他に別途書類を求められることが多い中、WEB完結を利用した時に限っては、50万円に満たない場合でも、前年の源泉徴収票、給料明細書といった収入関連の書類を求められることになります。これは、電話での在籍確認を行なわないことからきていると見ることが出来ます。

 

ただ、書類が増えるとはいっても、1回で全て送ることが可能ですので、それほど問題ではないでしょう。最後に1つWEB完結を利用する際の注意点をご紹介すると、WEB完結では、振込を行なう際の口座が決まっている等の条件が時々見られますので、予め確認しておいて下さい。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日