MENU

実際にキャッシングを利用したいケースとは

キャッシングを利用したい時というのは大抵の場合急な出費が重なってしまった時でしょう。例えばどのようなケースがあるでしょうか?

 

  • 急に親族が無くなってしまった
  • ギリギリの生活をしていた所に友人の結婚式に呼ばれた
  • 車で事故を起こしてしまった

 

最短時間で借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

このように冠婚葬祭や事故など計画的にお金を用意する事が難しいケースというのは意外と身近にあるものです。他にも本来は計画的にお金を用意できるはずが、車検のタイミングを忘れていたというようにうっかりミスもありえます。こうしたお金が必要になってしまった場合に真っ先に考えつくのがキャッシングというわけです。

 

お金の問題はなかなか親や友人に相談しにくいものです。キャッシングは収入があれば基本的には利用できますし、住宅ローンやカーローンといったローンとは違い使用用途は自由に決める事ができます。更に保証人などを立てる必要もありませんからこっそり少しだけキャッシングを利用してピンチを乗り越えましょう。

 

借金返済のために借金をするのはNG

実はありがちなパターンとして既にキャッシングを利用していて返済日にお金が用意できなかった場合のキャッシング利用です。基本的に借金返済のためにキャッシングを利用することは推奨しません。利子が膨らんでしまったり、借金総額の把握が難しくなったりとデメリットが沢山あります。

 

また消費者金融側としても複数の業者から借入している顧客にはあまりお金を貸したくないと考えています。当然審査に落ちる可能性も高くなりますし、今後のキャッシングやクレジットカードの申し込み時にも影響する可能性があります。

 

多重債務はいろいろな面で不利になる

要するにキャッシングの業者はお金を貸して返済してもらうことで利益を確保します。返済能力がない人にはお金を貸したくないわけです。多重債務をしている人は利子が膨らんでいって結果的に返済不可能になるケースが多いのです。また返済が追いつかず滞納する事もあるでしょう。

 

返済の滞納は特にまずいです。信用情報に滞納したという情報が記録されてしまいます。これは先にも挙げたように新規の借入やクレジットカードの審査に落ちやすくなります。また、これは借金を全て返済しても2~5年ほど記録が残ってしまいます。将来的に不利な状態が続きますのでなるべく避けたいものです。キャッシングの利用は計画的に行いましょう。

 

キャッシングは正しく使えばとても便利

キャッシングの利用の仕方を間違えてしまうと大変な事になります。しかし、正しく使うと苦しい生活をサポートしてくれる心強い味方になります。キャッシングは一度審査に通り利用を開始すれば限度額までの範囲内で何度も利用することができます。

 

一度契約することで今後の急な出費にも焦らずに対応できるようになりますから生活に余裕が出てくるでしょう。お金を借りるということは恥ずかしい事ではありません。自分に合ったサービスを調べて賢く使いましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日