MENU

即日融資も可能な自動審査!

キャッシングを申し込んだ際に行われる審査は、大きく分けて2つあります。1つはコンピュータによる自動審査、もう1つは本人確認作業など人間が行う本審査と呼ばれるものです。

 

キャッシングを申し込む際には自分の名前や住所、電話番号はもちろんですが、職業や年収、家族構成、また他社からの借り入れ件数やその金額などを申込書に記入します。これらの情報から判断し、数値化して行うのがコンピュータにより自動審査です。

 

最短時間で借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

自動審査の内容とは

この自動審査にはどの金融業者でも同じようなロジックが使われており、すぐに審査の回答を出すことができます。この審査では最後に「貸し倒れ率」というものが算出されます。これは、この人にはいくらまでなら貸せるのかという判断に使われる数値です。

 

この数値が一定の基準に達しない場合、審査自体が通らない、また希望融資額より少ない限度額に設定される、もしくは金利が通常より高く設定されるといったことになります。総合的に判断し、貸し倒れのリスクの方が高いと判断された場合は、審査で落とされることになります。

 

金利を低く設定した場合ほど貸し倒れのリスクは高くなります。この金利は全く同じ条件で申し込んだ場合でも、消費者金融より銀行の方が基本的に低く設定されます。その分貸し倒れのリスクは高くなりますので、審査自体が厳しくなる傾向にあります。この為、消費者金融の方が銀行より審査が甘くなると言えます。

 

自動審査後に行われるのは

自動審査に通過すると大抵の場合はそのまま融資を受けることが出来ますが、最後の本人確認作業で落とされてしまうこともあります。これは職場などに在籍確認の電話をしたが出なかった、いないと言われた、といった場合や、収入証明書の提出が必要と判断された時に提出しなかったような場合です。

 

消費者金融では、審査に落ちてしまう人の大半がこの最後の本人確認作業で落とされています。自動審査を通ってもそこで安心してはいけません。銀行の場合、消費者金融より細かく審査が行われますので、審査に掛かる時間が長くなることがあります。審査は1時間以上掛かることもありますので、即日融資を希望する場合はなるべく早い時間に申し込む必要があります。

 

消費者金融では自動契約機が便利

審査が早い消費者金融でも、銀行の営業時間内に振り込みが行われない場合、当日中に口座に反映されません。ですが、自動契約機を使うことで営業時間が過ぎてしまった後でも当日中に融資を受けることが可能です。自動契約機ではその場で必要書類に記入し、身分証明書を提出することで、すぐに審査が行われます。

 

営業時間内に審査に通った場合、その場でキャッシング用のカードが発行され、すぐに融資を受けることができます。またネット上から申し込みを行える消費者金融では先に申し込んでおくことで、その場でカードの発行を受けられ、すぐにキャッシングすることができます。これが一番便利です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日