MENU

即日融資と申し込み時間の関係について

24時間体制の受付をしていても、翌営業日に審査がある場合も

現在、キャッシングに関して24時間の受付を行っているキャッシング会社は非常に多くなっています。そのおかげで夜でも受付をしてもらえたりするわけですが、24時間受付という言葉に惑わされないようにしてください。というのも、受付と審査は違うということなのです。ネットの申し込みをすると夜でも時間によっては審査の回答が返ってくる場合もありますが、時間帯によって審査の回答が翌営業日以降になる場合もありますので、申し込み時間に関することはよくチェックしておくようにしましょう。

 

早期申込で早期融資が可能に

即日融資を受けたいと思うなら、あまり遅い時間帯に申し込むことなく、午前中の早い時間帯に申し込むようにしましょう。最悪、平日の14時ごろまでに申し込み、審査結果含めて契約を14時50分までに終了させておくようにしましょう。なぜなら銀行が閉店するのは平日の15時なので、それまでに申し込んでおく必要があるのです。さらに、審査時間が短いと言っているキャッシング会社であっても、審査時間を頭に入れて動く必要があります。審査時間は30分以上かかる場合がありますので、申し込みは早いに越したことはないのです。

 

最短時間で借入れできるキャッシングはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

自動契約機の活用で柔軟に契約する

時間が間に合わず、15時を過ぎて審査回答が来た場合は、金融機関の自動契約機を使って契約する必要があります。自動契約機は土日祝日でも稼働しており、夜間営業もしているところがほとんどです。ATMも設置されているため、契約を終了したらすぐに備え付けのATMでお金を借りることも可能となりますので、時間的な制約を気にしたくない方は自動契約機の活用をおすすめします。

 

もし、契約機の前に行って操作がわからなければ、電話が備え付けてありますので、オペレーターと会話をしながら契約を進めていけるようになっていますし、本人確認書類の送付なども機械に読み取らせる形ですぐに行えるため、簡単操作で行えます。審査結果の回答が14時以内に終わっていれば、その時点ですぐに銀行振込を選択してすぐにお金を振り込んでもらうことも可能となります。

 

「同行間」の取引なら15以降も振込が可能な銀行カードローン

銀行カードローンの場合、同行間の取引なら15時以降も振込が可能となっています。ある銀行の口座を持っていて、その銀行のカードローンを利用するなら、15時までに審査に通ることが条件となりますが、審査に通過した段階で土日祝日でも取引が可能となっています。

 

あるいはネットバンクに登録している方であれば、一年中取引できることも多いです。土日祝日であろうが、ネットバンクから指定銀行への振込を行うことができますので、銀行が営業していない時間帯であっても、提携しているコンビニATMから出金できることが可能となります。

 

消費者金融でも時間がかかる場合とは

消費者金融会社の審査は基本的に短時間での審査をうたっているところが大半ですが、中には返済能力に疑問符が付いてしまったりすると、審査の回答が出るまでに、ある程度の時間がかかってしまうケースがありますので注意してください。銀行カードローンの場合は審査時間が長引くということがよくありますので、同時申し込みをしておくという選択肢もあります。あまり多くの金融機関に申し込みをするとかえって信用情報に傷がついてしまうことも考えられますので、確実に通りそうなところを選んで審査を申し込んでおくようにしましょう。

即日融資と即日審査は全くの別物

急にお金が必要になった時に頼れるのは即日キャッシングです。勘違いしがちなのですが即日審査はイコール即日融資ではないという点です。もちろん即日審査をして融資も即日という事もあります。しかし、審査自体は即日でも融資までに時間がかかるケースもあるのです。急いで申し込みをしたものの融資を受けられたのは数日後では困りますから、この2つの違いについてしっかり理解しておきましょう。理解せずに融資の申し込みをしてしまうと審査は即日終わったものの実際にお金を融資してもらえたのは1週間後なんて事もありえます。

 

即日融資を受けたいなら消費者金融

即日融資とうたっているキャッシングサービスは文字通りその日のうちに融資が完了します。こうした素早いサービスを行っているのは主に大手の消費者金融です。即日お金が必要なら消費者金融を利用すると良いでしょう。

 

銀行のカードローンなどは融資までに時間がかかる場合が多いようです。条件が揃えば即日融資を受けられる可能性もありますが、確実に当日中にお金が必要な場合に銀行のカードローンを申し込むのは間違いと言えます。

 

なぜ銀行カードローンではいけないのか

銀行のカードローンの場合は時間的な制約がついてくるため即日融資が難しいのです。銀行カードローンでは即日融資を受ける手段は基本的に口座振込となります。口座振込ですから当然平日15時以降 は翌日扱いになります。土日祝日も翌営業日まで待つ必要があるわけです。消費者金融のカードローンの場合は自動契約機があり、その場でカードを受け取れますからATMを利用して即日融資が受けやすいというわけです。

 

銀行カードローンでも即日融資を受ける方法

先の説明から予想がつく人もいると思いますが、銀行カードローンで即日融資を受けられないのは時間的な制約があるためです。平日の早朝に申し込みを行いスムーズに審査が終われば即日融資を受けられる可能性はあります。この他本支店が近くにあり直接行けるようであれば平日15時以降でもローンカードを受け取り利用する事ができます。銀行カードローンでも即日融資の可能性はあるわけですが、やはり条件はかなり厳しくなります。素直に消費者金融のカードローンを利用してしまった方が無難でしょう。また消費者金融を利用する場合でも基本的には早い時間に申し込みをしてしまった方が良いでしょう。

 

即日融資と即日審査と申し込み受付の違いとは

「即日融資」であれば即日審査を行って融資までを完了させられるという事になります。一方で「即日審査」と表現しているのであれば、審査は即日で終わっても融資は翌日以降になる可能性があるというわけです。当日中に審査の結果が出たとしても融資を受けられるのが翌営業日移行という事はよくあります。すぐにお金が必要な時は焦りがちですがよく考えて申し込みを行いましょう。

 

この他に気をつけたいのが「24時間審査受付」です。インターネット上などで確かに24時間審査の受付を行っていますが、受付をするだけで審査自体は翌日なんて事も普通にあります。これでは素早い融資を受けられませんから急ぎの場合は即日融資可能と表現している業者を利用するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日